クレメンティアについて

クレメンティアの全体像とその背景、私たちがこの取組を通じて目指すものなどについてまとめています。

最初にお読みいただく事で、より深く日々の情報を受け取ってもらえると考え「導入ユニット」としてまとめています。

1.全体像について

まずは、クレメンティアの全体像について。ブログ型のホームページ(今、ご覧いただいているもの)の他に、Facebookグループも運用しています。用途に応じて、別の情報を流す場合もありますので、是非どちらもご登録ください。

ご登録はこちらから。

2.成功の裏にある閉塞感について

クレメンティアに参画している講師は、それぞれの業界でそれぞれに結果を出してきた人間達ですが、共通して「ある感覚」を感じていました。ビジネスでは結果を出していかなければなりませんが、結果を出したからといって必ずしも幸せや充実感を感じられるわけではありません。

予めそのことがわかっていれば「回り道」をする必要はありません。そういうお話をまとめています。

3.次元を上げる最上位の学問

いろんな事を学んで知識は増えるのですが、知識を増やしてもビジネスや人生を変化させられる人はわずかです。学びがただの消費になってしまうのか、それとも次につながる投資になるのか、その境目は… というお話をしています。

4.「クレメンティア」なあり方とビジネスの成功について

成功すること自体はそれほど難しいことではありません。難しいことは成功し続ける事。そのために何を考え、どこに着目していく必要があるのか。そんなことをまとめています。

5.講師紹介

クレメンティアに参画している講師達の活躍する分野は多種多様、性別や年代もばらばらですが、共通点は哲学を通じてビジネスや実生活を変えてきた者達。

そして、すべての者が「東京哲学会議」の特別貢献会員として、我が国の哲学研究を支援する活動に携わると共に、アカデミズムからの情報提供と監修を受け、最前線の哲学研究の動向も踏まえたコンテンツと学習の場を通じ、現在でも研鑽を続けている者達です。

6.クレメンティアの使い方

クレメンティアでご提供するコンテンツの種類とその性質、消化出来ていないコンテンツがたまったときに対処法、今後の取組などについてまとめています。

7.私たちの目指すもの

私たちは、哲学を学び、ビジネスや実人生に活かしていくという取組を普及することを通じて、自分達の棲む業界やこの社会自体を変えていきたいと考えています。その問題意識や活動の理念などについて最後にまとめました。