テツガク?何それ美味しいの?

こんにちは。田中直子です。

私を初めて見る方もいらっしゃるかも知れないので、今回は、改めての自己紹介をしつつ、「そもそも哲学って何?」という話をさせていただきます。

私が哲学を学び始めたのは2016年。

今だから言えますが、当初は「テツガク?何それ美味しいの?」という状態でした。

「哲学とは何ぞや」ということをほぼ知らない状態から学び始めたのです。

哲学とは、パソコンやスマホの「OS」のようなものです。

私たちは日々アプリを使っていますが、OSがないとアプリが動きませんよね?

アプリの動きはOSに支配されています。

OSを最新版にアップデートすると、アプリもサクサク動き出しますよね。

でも、普段目にするのは「アプリ」で、OSが視界に入ることはありません。

哲学がOSなら、アプリは他の諸々の学問です。

「心理学」「経済学」「生物学」「社会学」「物理学」などなど。

諸々のビジネス、たとえば「セールス」「マーケティング」「カウンセリング」「コーチング」なども哲学から影響を受けています。

哲学を学び始めた当初は、マーケティングもセールスもコーチングもいろいろ勉強していました。

いろいろな集客手法も学んでいました。

でも、諸々ある「手段」レベルのことが「哲学」から影響を受けているのであれば、哲学を学ぶのが早いじゃないか、と思ったわけです。

実際に哲学を身に付けてどんな成果があったのかは追ってお伝えしますね。

今回は「哲学は学問のOS」、これを知っておいていただけたらと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

一般社団法人全国コーチング普及協会 代表理事
2009年にコーチングで起業。
哲学思考をベースとした商品づくり術とマーケティングで、これまで550名以上のクライアントの 「強みを活かしてビジネスで成功する」をサポート。
クライアントの職業はコーチ、カウンセラー、コンサルタント、セラピスト、研修講師、占い師、整体師、ヨガ講師、お料理の先生 など。

コメント

コメントする

目次
閉じる